《美容情報》輪郭に対してのフェイスリフトでアンチエンジングブログ:2015/11/24


一見、ちゃんとした料理なのに、
子どもの咀嚼回数が減ってしまうのは、
母が料理で野菜を細かく切り過ぎてしまうからである。

野菜を細かくしてしまうと、
食物繊維が粉々にされるので、
子どもはそれほど噛まなくても飲み込むことができてしまう。

そのため子どもはろくに噛みもせず、
食べ物を流し込んでしまうのである。

まず要注意なのは、カレーライス。
カレーライスを作る時に、人によっては野菜を細かく切り過ぎてしまい、
子どもはカレーライスを飲み込む以外に手がなくなってしまうのだ。

野菜を細かく切るからこそ、
カレーライスが飲み物になってしまうのであって、
きちんとした食べる事にするためには、
野菜を大きく切って飲み込めないようにした方がよい。

シチューも同じことであって、
野菜を細かく切り過ぎてしまうと、
シチューをクチに入れた際、
全然噛まなくてもいい状態になってしまう。

高級レストランなら、
そういう料理が出されれば美味しいと思えるが、
家庭料理でそのような料理を出そうものなら、
母としては失格なのだ。

美味しい料理を出すだけでなく、
その料理を子どもがどのようにして食べるかまで想像できなければ、
子どもにきちんとした愛情を注ぐことはできないと思う。

母としては
連日食べる事を作らなくてはならないので、
安易に子どもの要望に応えてしまう危険性がある。

でも
子どもの顎を鍛えるためには、
子どもの好きな料理を出し過ぎてはいけない。

子どもは楽して食べられるから、
どうしても柔らかい料理を好む。

子どもに堅い物を食べさせ続けるためには、
ひと月単位で献立を作っておくべきである。

連日思いつきで料理をするのではなく、
料理の計画表を作っておけば、
食べる事のネタに困ることもない。